ブログ

英検は高校受験に有利?


テスト

こんにちは、船堀の塾「自立型学習塾フロンティア」です。

先日生徒さんと英検について話をする機会があったので、今日は高校受験における英検の役割についてまとめてみたいと思います。(ちなみにこの生徒さんは元々英語が苦手なので、少しでも前向きになってもらえて本当にうれしいです!)

■こちらもオススメ!■

英検3級・準2級・2級の対策(おすすめ問題集・勉強法)をご紹介しています!
英検3級対策はこちら
英検準2級対策はこちら
英検2級対策はこちら
オンラインで英検対策!
オンラインコース(英検対策)

英検ってどんな試験?

1.英検の概要

そもそも英検とはどういう試験なのかというと、英検の公式HPには以下のように書かれています。

「英検」は正式名称を「実用英語技能検定」といい、年3回実施され、年間受験者数約230万人の国内最大規模の英語検定試験です。
5級(初級)、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級(上級)の7つのグレードに分かれており、それぞれ「聞く」、「話す」(3級以上のみ)、「読む」、「書く」の4技能を測定し、合否を判定します。
試験問題は、世界各国のアイテムライター(原案作成者)の資料を元に全てオリジナルで作成されています。
高校や大学での入試優遇や単位認定、海外留学時の優遇、企業への入社試験での優遇など、社会のさまざまな場面で広く認められています。
英検公式HPより)

ここで書かれている通り、高校入試や大学入試で何かと特になる機会が多いのが英検です。(全ての高校・大学に使えるわけではないので、その点は注意が必要です。)
また、2020年度から実施される大学入学共通テストにおいて英検の成績を利用することも可能となっています。(ただし、このときに利用することのできるスコアは英検CBTと言われる形式となります。)

2.各級の目安のレベル

英検における各級の目安は以下のようになっています。

5級:中学初級程度
4級:中学中級程度
3級:中学卒業程度
準2級:高校中級程度
2級:高校卒業程度
準1級:大学中級程度
1級:大学上級程度

ちなみにこれまでの経験上、中学生だと3級や準2級まで、高校生だと2級や準1級を取得する生徒さんが多いです。

3.各級の試験内容

試験内容は大きく以下の4つがあります。

1.リーディング:短文や長文を読んで解答する形式です。
2.ライティング:英作文を書く形式です。
3.リスニング:英語の会話を聞いて答える形式です。
4.スピーキング:英語での面接(あらかじめ用意されている文章を読んだり、質問に答えたりする)形式です。

受験する級によって上記4つの組み合わせは変わります。

・5級と4級はリーディングとリスニングのみの試験です。
5級と4級の受験者はスピーキングテストの受験も可能ですが、それぞれ別個の試験でそれぞれ合否は別となっています。

スピーキングテストとは

4級と5級の受験者のみが対象となっているテストです。
これは1~3級の受験者が受ける二次試験のスピーキング(対面方式)とは異なり、録音方式を採用しています。
録音はパソコンやスマートフォン、タブレット端末などでオンラインの受験サイトにアクセスして行う形になります。
合否はスピーキングテスト単体で判断されるので、それぞれの級の合否とは直接関係ありません。

スピーキングテストについて詳しくは英検公式ページよりご確認ください。

・1級~3級は1次試験と2次試験に分かれており、それぞれ1次試験はリーディング・ライティング・リスニング、2次試験はスピーキングとなっています。

また、1~3級は1次試験免除の制度があります。
これは1次試験に合格したけれど2次試験には不合格だったという場合に、次回以降1次試験の免除の申請をすれば2次試験から受けることができるという制度です。この免除可能な期間は1次試験の合格から1年間です。

英検は高校受験に有利?

1.推薦や私立高校の受験では有利になることも

英検が高校受験において必要・有利となるケースには概ね以下のようなものがあります。

<英検が必須となるケース>

・出願条件となっている場合
(例)千早高校の推薦入試(特別推薦)

<英検利用で有利となるケース>

・内申点に加点される場合
(例)関東第一高校の一般入試

・学科試験が免除となる場合
(例)麹町学園女子中学・高校の一般入試

・判定が優遇される場合
(例)東京都市大学等々力高校の一般入試

上記で上げた例以外にも様々な高校で英検合格による優遇措置を設けているので、ぜひ確認してみてください。
英検の公式HPより確認することができます。

2.高校入学後にメリットがあることも

上記は高校入試の際の優遇措置でしたが、高校入学後にメリットのある高校も多くあります。
たとえば、入学金や授業料の免除や単位認定を受けることのできる高校があります
こちらも是非高校選びの参考にしてみてください。
⇒高校入学後にメリットのある高校も英検公式HPより探すことができます。

■こちらもオススメ!■

英検3級・準2級・2級の対策(おすすめ問題集・勉強法)をご紹介しています!
英検3級対策はこちら
英検準2級対策はこちら
英検2級対策はこちら

英検は何級を取るべき?

1.まずは自分の志望校を確認して

まずは志望校を確認して英検合格による優遇措置があるのかを確認してください。
第一志望や受験可能性のありそうな高校を調べて優遇措置がある場合は、何級以上が要件となっているかを確認しましょう。
多くの高校で3級以上や準2級以上といった要件があるはずです。
現在すでに該当級以上を保有している場合は特に必要ありませんし、まだとっていないという人はその級に向けて勉強を始める必要があります。

2.とりあえず取っておきたい人は3級

まだ志望校が決まっていないけれど、とりあえず英検をとっておきたいという人はまず3級を目指すようにすると良いでしょう。
現在英検合格による優遇措置をとっている高校の多くが、英検3級以上もしくは準2級以上という要件を課しています。
できれば準2級の合格を目指したいところですが、準2級は高校レベルの内容になってきますので、まずは3級の合格を目指すと無理なく準2級も狙えるようになります。

英検対策は必要?

1.英検対策は状況に応じて

受験時に英検を利用することによって多くのメリットがありますが、英検の勉強ばかりしているとかえって他の教科の成績に響いてしまうということもあります。
そこで多くの方が悩むのが、英検のためにどの程度勉強しておけば良いのかということです。
これは人によって変わってくるのでここでは簡単に目安をお伝えしておきたいと思います。

・まずは受験する級の過去問(問題集)を用意して実力で解いてみます。
このとき既に合格点に達していたり合格点の8~9割程度取れていたりするようであれば、過去問を解いたり苦手な分野の復習を中心に勉強すれば良いので、比較的勉強の負担は軽くなります。

・現時点であまり点数が取れていない場合は、他教科の様子や時期を考えて判断します。
たとえば、今2年生の場合には英検にかける時間があると思うので、しっかり英検対策を行うことができますが、既に3年生の場合は他教科の勉強に時間をかけた方が合格の可能性が高まる場合もあります。
この他に内申点も考慮して英検対策の量を判断します。

2.全員対策しておいた方が良い部分

3級以上を受験する場合にはスピーキングの試験もあるので、英語が得意な人であってもスピーキング(面接)の練習を行っておいた方が良いでしょう。
英検のホームぺージにも面接の流れが載っているので参考にしてみてください。
級にもよりますが、面接の対策にはそれほど時間をかけて対策しなくても大丈夫なケースが多いです。

まとめ

英検は高校受験において色々なメリットがあるので、ぜひ上手く利用していきたいですね。
特に中1・中2の早い内に合格しておくことによって受験期の負担を減らすこともできるので、英検利用を考えている方は是非早めに英検の勉強を始めると良いでしょう。

■こちらもオススメ!■

英検3級・準2級・2級の対策(おすすめ問題集・勉強法)をご紹介しています!
英検3級対策はこちら
英検準2級対策はこちら
英検2級対策はこちら
オンラインで英検対策!
オンラインコース(英検対策)

無料体験:集中力が続く×効率よく勉強できる=結果の出る勉強をあなたも

勉強しようと思って机に向かうものの気が付いたら違うことをしている。
勉強しているはずなのに思うような結果が出ない。

こんなことはありませんか?

フロンティアの無料体験では、これまでの指導経験を生かした

・学力向上のためのフロンティアのシステム
・集中力とやる気が続く個別演習システムの体験
・1ヶ月で苦手科目を20点以上上げた勉強法

などを最大1ヶ月体験することができます。

ぜひお気軽にご体験ください。

体験を予約する

コメントを残す

*