ブログ

フロンティアは小さな個人塾なので


    フロンティアは船堀にしかない小さな個人塾です。これは良い面もあれば悪い面もあります。
    そもそも個人塾ってどうなの?と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。
    ですので、今回はフロンティアが小さな個人塾であることのメリットとデメリットをまとめてみました。
    皆さんに本当にあった塾でしっかりと成績を伸ばして自信をつけてほしいので、その参考になれば幸いです。

    フロンティアが小さな個人塾であることのメリット

    <良い点>
    ・塾長が全員を責任もって指導します。
    ・柔軟な対応が可能です。
    ・無理な勧誘・営業はしません。
    ・成績を伸ばすことに全力を注ぎます!

    1.少人数制で塾長が全員を責任もって指導します。

    フロンティアは塾長一人の小さな塾なので、当然受け入れられる生徒さんの人数には限界があります。
    (まだ開校したてなので多少余裕はありますが、定員に達し次第入会の受付が終了する可能性があります。)
    また、指導は塾長である私が全員を責任もって指導させていただきます。

    アルバイト講師を全て否定するという訳ではありませんが、アルバイト講師だとどうしても(言い方は悪いですが)人による当たりはずれが発生してしまうためです。
    また、アルバイト講師が指導のメインとなると人によって指導する勉強法が違うので、生徒が混乱してしまうということも発生しやすいのでそれを防ぐという目的もあります。
    (塾で統一された指導法があったり、アルバイト講師に対して指導方法や内容の教育がある塾は非常に少ないと思います。ですので、大学生アルバイトが指導するタイプの塾であれば大手でも小さな塾でもあまり内容は変わらないのが現状だと思います。)

    フロンティアは小さな塾だからこそできる一人一人に合わせた丁寧な指導を行っていきたいと考えています。

    2.柔軟な対応が可能です。

    これは何となくイメージしやすいかもしれません。
    たとえば開校時間は原則月~金の16:30~21:30となっていますが、テスト前には土日も開館するだけでなく、もう少し勉強したいという声があれば延長も行っています。
    英検・漢検などの対策もぜひご相談ください。

    3.無理な勧誘・営業はしません。

    大手の塾と違って生徒数や売上のノルマに縛れるということがないので、「とにかく今すぐ入塾を!」といった勧誘・営業はしません。(それが嫌で一人で始めたという理由もあります…)
    もちろん指導的な側面から言えば一日でも早く入塾してもらった方が成績を上げられる可能性は高まりますし、志望校の幅も広がる可能性がありますが、ご家庭の都合もあると思いますし、何よりしっかりと納得感を持って入塾していただきたいと思っています。

    ただ、本音を言えば「ヤバい!」となってからではなくその前に塾に通った方がより効果が高まるので、なるべく早めの通塾をお勧めします。
    (ちなみにフロンティアは中1、高1から通塾できるように月謝が計算されています。)

    4.成績を伸ばすことに全力を注ぎます!

    フロンティアは人員的にも資金的にも決して余裕があるわけではありません。
    だからこそ、成績を伸ばすために人員も時間も資金もすべてを成績を伸ばすために使っています。
    (通い放題というシステムはこうした考えのもとにできました。)
    「成績を伸ばしたい」「もっと勉強ができるようになりたい」そんな人に全力で答えるのがフロンティアです。

    フロンティアが小さな個人塾であることのデメリット

    <デメリット>
    ・受け入れられる生徒さんの人数には限りがあります。
    ・豪華な設備はありません。
    ・先生を変えてほしいというご要望は受けられません。

    1.受け入れられる生徒さんの人数には限りがあります。

    フロンティアは小さな個人塾で塾長である私自身が全ての生徒さんを担当しているため、定員があります。
    ですので、今後生徒さんが増えてきた際には入塾をお断りする可能性もあります。
    (今はまだ開校したてなのでその心配はありませんが。)

    また、こじんまりとした塾ですので、人数の多い環境で競い合いながら成長したいという生徒さんには物足りないかもしれません。

    2.豪華な設備はありません。

    フロンティアは大手の塾のような広いスペースや豪華な設備はありません。
    受付と学習スペースも一緒ですし、机も長机です。

    一般的な個別指導塾ですと一人一人仕切られた机が主流ですが、受験本番は周りに人がいる環境で受験しますし、仕切りがあるとすぐにケータイを触って勉強に身が入らないなど問題もあるので、そういった点も考慮してこの形になっています。

    3.先生を変えてほしいというご要望は受けられません。

    これは言うまでもありませんが、塾長である私しか講師がいませんので「先生を変えてほしい」というご要望にはお応えできません。
    ただし、それ以外の「もっと厳しく指導してほしい」「宿題をいっぱい出してほしい」などのご要望にはできる限りお応えしたいと思っています。

    まとめ

    フロンティアのような小さな個人塾は比較的柔軟な対応が可能ですが、それと同時に限界があるのも事実です。
    ですので限られたリソース(人員だったり資金だったり時間だったり)はできるだけ生徒さんの成績を上げるために使いたいと思っています。


    この夏で誰よりも成長する!夏期講習

    「どこの塾で勉強しても同じ」なんて思っていませんか?

    授業や個別指導で「わかる」ようになることに重点が置かれている塾が多い中、
    フロンティアではさらにその先の「問題が解けるようになる」ことにこだわっています。

    フロンティアでの学習を通して

    ・毎日のように通塾するので「学習習慣が身につく」
    ・問題が解けるようになるので「テストの点数が上がる」
    ・細切れの演習を繰り返すので「集中力が続き効率よく学習できるようになる」

    といった効果があります。

    ぜひこの夏はフロンティア式の勉強を体感して、誰よりも成長する夏にしましょう!

    お申込はこちら

    コメントを残す