ブログ

英語のリスニング対策にオススメの洋楽10曲


    こんにちは、船堀の塾「自立型学習塾フロンティア」です。

    英語のリスニング対策には何をやったら良いですか?と聞かれることが多いのですが、これをやったからすぐに何でもかんでも聴きとれるというものはありません。
    リスニング対策として音読をしたりディクテーションをしたりといった勉強法は確かに効果的なのですが結局は継続することが非常に重要です。

    しかし、英語が苦手で日常で全く英語に触れる機会がない生徒さんの場合、音読やディクテーションなどリスニング対策を続けることが非常に難しくなってしまいます。
    そのため、英語が嫌いな生徒さんは「とにかく毎日少しでも英語に触れる」「英語に少しでも興味を持ってもらう」というところがスタートラインになります。

    今回はそんな英語嫌いの人でも比較的導入として入りやすい洋楽を10曲ご紹介したいと思います。
    紹介する曲は中高生でも興味を持ちやすいように比較的最近の曲で英語が聴きとりやすいもの、そして話がイメージしやすい曲(曲がストーリーになっているものなど)を中心に選んでいます。

    また、英語が得意な人は歌詞を見ながら口ずさめるようになると(できれば1曲覚えてしまうのがベストですが)リスニングの勉強としても文法の復習としてもちょうど良いと思います。(一部中学生には難しい部分もあるかもしれません。)

    ※なお、楽曲・歌詞・和訳などは著作権の関係でこちらでご紹介できないので、お手数ですがご自身で検索をお願いいたします。どの曲もYouTubeなどで検索すると一発でヒットすると思います。
    ※左に曲名、右に歌手名でご紹介していきます。

    英語のリスニング対策にオススメの洋楽10曲

    1.Head Shouleders Knees and Toes

    最近の洋楽を中心にと言っていて、いきなり幼児向けの曲なのですが、ぜひ覚えておいてほしい歌なので最初にご紹介します。
    有名なのでご存知の方も多いと思うのですが、歌詞に合わせて頭・肩・膝・つま先などをタッチしていく歌です。
    これでそれぞれの体のパーツの英語が分かるという優れものです!(笑)
    どれも覚えておきたい単語なのでまだ覚えていないという人は是非この歌で覚えてみてください。
    すぐ覚えられると思います。

    2.Try Everything/Shakira

    映画「ズートピア」の主題歌です。
    DreamのAmiさんが歌う日本語版もあるので、そちらを知っている人はすんなりと耳に入ってくるのではないでしょうか。
    後でご紹介するLet It Goもそうなのですが、ディズニー映画で使用される歌は子供でも理解できるような簡単な言葉を使って歌詞が作られており、内容も爽やかで前向きになれるので、導入としてぜひお勧めです。

    3.Let It Go

    こちらは皆さん既にご存知の、あの「アナ雪(アナと雪の女王)」の主題歌です。
    公開は2014年ですが、当時はいたるところで流れていたのでまだ覚えているという人も多いのではないでしょうか。
    YouTubeではカラオケのように一緒に歌える動画も公開されているので、カラオケ感覚で楽しみながら英語に触れることができるでしょう。

    4.Don’t Stop Believin’/Journey

    有名な曲なのでタイトルを知らなくても一度は聴いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。
    この曲はJourneyが歌っているのが原曲ですが、個人的には海外ドラマのglee版が今風にアレンジされていて好きです。
    海外ドラマのgleeは最近の曲をダンス付きで歌ったりアレンジしたりしているので、興味のある方は是非ドラマ本編も見てみてください。

    5.Don’t know why/Norah Jones

    難しい単語もほとんどなく、文法自体も簡単なのですんなりと理解できます。
    また、この曲のアレンジ(替え歌?)でNorah Jones本人がセサミストリートでDon’t know Yという曲を歌っています。
    「なぜYは来なかったのか」という歌詞やYを使った単語も紹介してくれる面白い歌です。こちらも是非聴いてみてください。

    Bruno MarsのDon’t Give Upは子供向けで歌詞も良いので楽しみながら英語に慣れることができます。(こちらは邦題「あきらめないで」で日本語字幕バージョンがアップされています。)

    6.Hey Jude/The Beatles

    よく以前から英語のリスニングの勉強にはカーペンターズやビートルズがいいという風に言われていましたが、今の中高生はあまりピンとこない人が多いようなので、ここではビートルズのHey Jude のみをご紹介しておきたいと思います。
    この曲を選んだ理由としては、以前英語の教科書でも「Hey Judeはチェコスロバキア人にとって特別な曲だ」ということで取り上げられていたことが理由の1つとなっています。
    この曲と関連して政治的・社会的なエピソードを学ぶことのできる貴重な曲です。

    7.I Really Like You/Carly Rae Jepsen

    トム・ハンクスがMVに出演していることでも話題となった曲です。
    難しい単語もほとんどなく、最近若者に人気な歌手ということで選んでみました。

    8.Fight Song/Rachel Platten

    難しい単語や文法がない上に、歌詞自体が非常に勇気づけられる内容となっているので選んでみました。

    9.You Can’t Stop The Beat

    こちらはヘアスプレーという映画(ミュージカル)の劇中歌です。
    こちらの映画は黒人差別や差別撤廃運動などについての描写があり、1960年代のアメリカの不公平な社会の歴史を学ぶこともできます。

    10.Break Free ft. Zedd/Ariana Grande

    付き合っていた彼に別れを告げる歌ですが、別れて悲しい…と落ち込む歌ではなくて、やっと自由になれる!という開放感のある曲です。
    長く人気のあるこの曲ですが、この曲は英語の勉強という観点で見ても非常に良質な教材です。
    中学生でも理解できる文章となっているので、和訳の練習・文法の確認といった用途にも使えます。

    まとめ

    以上簡単に10曲ご紹介させていただきましたが、気に入った曲は見つかったでしょうか。
    英語のリスニング対策としては、まずは少しずつ英語の音に慣れていくことから始めてみてください。


    この夏で誰よりも成長する!夏期講習

    「どこの塾で勉強しても同じ」なんて思っていませんか?

    授業や個別指導で「わかる」ようになることに重点が置かれている塾が多い中、
    フロンティアではさらにその先の「問題が解けるようになる」ことにこだわっています。

    フロンティアでの学習を通して

    ・毎日のように通塾するので「学習習慣が身につく」
    ・問題が解けるようになるので「テストの点数が上がる」
    ・細切れの演習を繰り返すので「集中力が続き効率よく学習できるようになる」

    といった効果があります。

    ぜひこの夏はフロンティア式の勉強を体感して、誰よりも成長する夏にしましょう!

    お申込はこちら

    コメントを残す